禁煙外来の初受診日~予期しない禁煙日が成功の秘訣~

今回から、いよいよ禁煙外来に通いはじめた約365日前の出来事について、

自分の記憶を辿りながら、その様子をお伝えしていこうと思います。

どうせ失敗するだろうと回りの誰しも思っただろう、あれから1年半。

それまでの私の禁煙サクセスストーリーを少しずつお届けしてまいります。

最初に禁煙外来を受診したのは「2014年1月22日」

32dc50333c14cf80b05b134540f087b4_s

まず、何故この日を境に禁煙しようと思ったのか、

タバコを辞めたいと思う人の多くは、禁煙デーに執着する傾向にあると思います。

私ももちろんその一人でした。

そう、本来であれば年明けから禁煙をスタートさせたかった訳です。

そのため、前月の末に受診の予約をしたのですが、

思いの外、禁煙外来は人気のようで、この1月22日が最短だったということ。

ここだけを聞けば、一見どうでも良いことなのですが、

今となっては、自分が意図していた日付からのスタートじゃなくて良かったなと。

正直そう思います。

自分も含めて、禁煙したい方は、禁煙する日を決めてスタートしようとしますよね???

おそらく、

  • この1箱が吸い終わったら辞めるぞ!
  • 月初から禁煙をスタートしよう!!
  • 今年から俺は禁煙をするんだ!!!
  • まあ、取ってつけたような都合のいい解釈で、
    オリジナルの禁煙メモリアルデーを設定してしまいます。

    そもそも、これでタバコを辞めれるならば、
    禁煙という大それた意志を持たなくとも辞めれると思います。

    私も二度の禁煙失敗時には、
    同じように禁煙する日を自分の意志で決定してしまいました。

    でも・・・今回は予定外の日に禁煙をスタートすることになりました。

    結果としてこれが大正解だったと思います。

    正直、タバコを心なく吸って禁煙をスタートできたわけでもなく、
    むしろ自分が意図していなかった日だっただけに、

    喫煙ペースすら乱れてしまって、結果として半箱以上残した形での不本意なスタートでした(笑)

    でも、だからこそ諦めがついたというか不思議な感じです。

    結果論ではありますが、これからタバコを辞めようとされる方は、

    ぜひ

    「禁煙は計画せずに」

    これを頭の片隅にでも覚えて頂ければ幸いです。