禁煙生活22日目

出張先の仕事が忙しくて更新ができなくてすみません。

数少ないとは思いますが、いつもこのブログに足を運んでいただいている方、

誠にありがとうございます。

禁煙生活22日目。

今日は終日金沢の企業を訪問していました。

まずびっくりしたのは金沢の街並み。

つい先日、福井に出張にいった街並みとは違って、住宅の綺麗さが目立ちました。

スウェーデン式を思わせる外観が所狭しと立ち並び、広大な田園が拡がる風景は、同じ北陸とは思えないものでした。

観光と加賀野菜をはじめとした特産品が絶妙に融合した県であると肌で感じました。

午前中は五郎島金時という芋の加工場を見学したのですが、

冬の長い北陸地方の方たちの知恵と工夫が、気候に恵まれた南国にはない厳しさと、努力を持っていると感じ、

なんだか東京出身の私ですが、南国ののんびりさが恥ずかしく思えました。

午後からは、金沢の特産品を販売しているお店を数多くまわり、あっというまに夜を迎えた感じです。

で、ここからが苦痛のはじまりでした・・・

今回の出張は、私を含めた4人でした。

こちらの中の一人が知り合いで、大手大型複合施設を展開している企業の営業統括をされている方(60代手前)が、

金沢の美味しいものを食べさせて下さるということで、ある居酒屋につれていっていただいたのです。

料理は本当においしかったです。

まあ、その方はなにやら大物の秘書もやられてたとか・・・。

60代前後の世代が集まると、決まってはじまる政治やら、経済の話が今宵もはじまったんですね。

今回は当然、東日本大震災の話。

ある人が、震災が起こってからCMを自粛する中、広告機構が変わりに穴埋めをしていました。

あのAC~♪って流れるものです。

子供が真似するからと苦情が入り、あの音が大幅にカットされましたよね。

それについて、そんな苦情を出すやつが非常識だとか、だったらCMなんて流す必要ないだろう

とかを言ってました。

また、日本のメディアは情報を評論するだけだから駄目だ。と言い放ってました。

聞いてる私からすれば、あなたたちもメディアに流れていないだけで、今その事実かわからないようなことを評論しているんじゃないですか?

その苦情がどういう経路で出た話なのかすべて知っていて話されているんですか?

と問いただしたくなりました。

あげくの果てに、「こんな大企業の上層部の人と話せる機会なんてないから、勉強になっただろ?」

と言われたときは、その方のことは嫌いではないですが、非常に嫌気がさしました。

確かに、人との付き合い、広がりは大切にしなければならない。私はそれが大企業であれ、中小零細企業の社長さんであれ、関係ないと思っています。

現に、そういう人たちとの接点数でいったら、私の方が格段に多いと自負しています。

別に数が多ければ言い訳ではないのですが、かたよったものの考え方、大手がすばらしいと思う価値観を押し付けられた方はうんざりです。

そして、余計なことに上司が私の禁煙のことにも触れたとき、みなそろって非喫煙者だったため頭ごなしに喫煙の否定をはじめたんですよね。

人生でこんなまずい酒を飲んだのははじめてというくらいつらい飲み会であったことをこんな愚痴のような文章で長くつづってしまい、申し訳ございません。

震災に直面していない日本人は得てしてこんな発言をいたるところで繰り返し発言してるかと思うと、

なんだか悲しくなったと同時に、本当に被災者の苦しみを理解することは到底できないんだと改めて思ってしまいました。

だからこそ今できることをきちんと一人一人がしていくべきなんだと。

禁煙22日目にして非常に感慨深い一日になってしまいました。