禁煙生活26日目

昨日は飲み方でした。

あ・・・「飲み方」というのは、標準語で飲み会の事です。

なんかこの島独特の言い方らしいんですけど、最初の内は慣れなかったです。

禁煙生活26日目。

その飲み方での話を少し・・・。

私が所属する課は4月に人事異動があり、な、なんと禁煙率が100%になってしまいました。

以前は私の他に2人いたのですが、それでも実に86%の禁煙率です!

禁煙というか、非喫煙者といった方がいいんですね

その中の1人の方は25年間たばこを吸っていて、35歳の時にやめたらしいです。

なんでやめたんですか?と聞くと、「なんとなく・・・」という返答。

たばこを過去吸っていて、やめた人は大抵こんなことを言うような気がします。

「体を壊した」とか「禁煙しよう!と決めて頑張った」という人は意外と少ないと思います。

なんでなんでしょうね・・・?

私は今禁煙しようと決意して、苦しみながらもなんとかやっているという動機があるんですが、

いざ禁煙から非喫煙者として当たり前の生活を送るようになると、

禁煙しようとした時の気持ちは忘れてしまうのかもしれませんね。

現に私の父親なんか、何度か禁煙とリバウンドを繰り返した後、

もう20年位たばこを吸ってないわけなんですが、

最近は「たばこなんか吸ってたなあ・・・」程度しか話しません。

苦しんでいる姿と八つ当たりされた記憶を、私ははっきり根に持ってますけどね(笑)

でも本当に禁煙から卒業できたとき、「なんとなく・・・」て言葉を言えるようになるといいですよね。

さあ~頑張ろう!と改めて感じた1日でした。