なせばなる、なさねばならぬ何事も

今日、かみさんがハローワークに行ってきたようだ。

理由は「雇用保険」をもらいに。

そう、ここには手をつけたくなかったんだけど、やはり子供が成長するにつれ、出費はかさむ一方。

さらに離島ならではの昔ながらの付き合いは、香典やら贈り物やらで出費がかかる。

でもって自分の禁煙失敗・・・

無駄金とわかりつつ、一箱410円のために、いぜん品薄のたばこ販売店をわたりあるき、購入しているこの努力。

組織の中で働いて、一定の給料を貰っていたころには考えられないな、とあらためてふと思い出した。

私にとって禁煙することは単に、「健康のため」だとか、「ちょっとした無駄の節約」程度のことではない。

生活していくためにたばこは不要・・・なんです

この410円×30日=12,300円があれば息子の1か月のおむつ代、食費がまかなえる。

あ、自分の奨学金返済額とも一緒だ。

・・・うーん、こんなにひっ迫しているのか、家計は。

誰がやるかといえば、自分しかいない。

「なせばなる、なさねばならぬ何事も」

今の自分にはぴったりのこの言葉。

人生今までそれなりに裕福に生きてきたツケがあるのだろう。

疑問を持たず一生をおえればそれはそれは幸せだと思うけど、こんなひっ迫した期間を与えてくれた誰かに感謝せねばならない時がくるのだろう、と信じつつ。

地道に努力していこうと思う。

自分のビジネスをしていこうと思う。

成功している人は、どんな苦労をしてきた(いる)んだろ。

そんな事を考えているうちはまだまだだ。

自分がそのカテゴリーに入った時こそわかることだから。

なんか今日はそんな決意表明などをしたかった気分です。